2012年10月16日

珍客

121005_01.jpg 大島在来
去年路地植えしたら、ひとつしか発芽しなかった。
121012_02.jpg
そろそろ夏野菜も終わり。
121010_01.jpg 121012_01.jpg
黒落花生を試し掘りし、いよいよ収穫しよう…と

カモシカ!
121016_02.jpg
まだこども? 猫めらが大騒ぎ〜。
121016_01.jpg
しばし畑をうろうろし、車の音がしたら山へ駆けて行った。
posted by うさごん at 12:54| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

やっと雨が降る

今年も雨が少ない。
120918_01.jpg
それでも随分遅れ気味だったけど今年はなんとかぼちぼち夏野菜は収穫が楽しめた。
120923_05.jpg
シソジュースも作ったし、
120822_01.jpg
バジルソースも出来たし、
120921_01.jpg ごぼう抜き失敗したけど食べたし。

グリーンゼブラが実を着け始めたのは他のトマトが終わる頃。最晩生なのか?
120921_02.jpg
収穫適期がよくわからず青いまま食べてみたが…味が無い…。
よくよく調べると生食は黄色に緑の縞状態で穫るらしい。
もうちょっとだったのね。

ズッキーニは雌花は出てもすぐ黄色くなり、結局今年も一口も食べられなかった。
120923_04.jpg こんなに茎が伸びるものなのか?
同じ理由でバターナッツもだめだった。

とにかく雨が降らなかったので、これ幸いと草刈りは殆どせず、
120923_07.jpg
この畑スペースには水やりもしなかったが、草のおかげで夏をのりきった。

枯れたと思っていたニラも無事収穫。
120923_06.jpg
1年目株はまだ葉が細いが、
120923_08.jpg 120923_10.jpg
3年目株は3、4回収穫でき、株数が少し減った気がするが、花が咲いていた。

120923_11.jpg 四葉キュウリはこれから。

8月29日に植え付けたジャガイモ西海31号、芽が出た。
120820_01.jpg 120923_09.jpg

サツマイモと一緒のゴマは、
120923_01.jpg 120923_02.jpg
久しぶりに雨が降ったら発芽…ココで芽を出してどうするんじゃ。

120923_12.jpg
秋の空。
posted by うさごん at 18:37| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

あつい…

連日同報無線で高温注意情報をアナウンスしている。
梅雨あけ以降ほぼ雨が降らない。
雨水タンクはたった3日で空になり水道で水やり。
120628_03.jpg 120702_01.jpg
苗で植えたトマトは幾つか収穫後、安定して来たので期待していたら、
赤くなり始めたものからカラスに喰われた。
120709_01.jpg
種から育てた黄色くなるサンレイはまだ青いうちにつつかれる。
120721_01.jpg
一応鳥避けのネットで囲っては見たが、隙間から持って行きやがる。
120731_01.jpg
さすが羽の生えた猿。

昨年口に入らなかったトウモロコシ。
120717_01.jpg

120717_02.jpg
同じ場所で作ったものは、やはり不出来。
120628_02.jpg
今年は畑スペースを少し拡張し、更に植えてみる。
新規の場所は丈が少し高くなった。
120803_01.jpg

今年から雑草と化したクローバー刈りを少しでも減らそうと庭にも畑スペースを増設。
120628_01.jpg
2m四方にこの密植。
白オクラ、トウモロコシ、バターナッツ、黒落花生、去年成長の良かったメキシカンキュウリ。
コンパニオンプランツに赤シソ、ジニア、マリーゴールド、金時草。
120729_01.jpg
ウリハムシ避けにジニアを植えたら、花が咲く頃にウリハムシは見なくなり、来るは来るはマメコガネ。トウモロコシの花粉にまみれ、ジニアとオクラの葉は穴だらけ。
120710_01.jpg
赤シソに何故かカミキリムシが来る。特に何もしないので放っておく。

2株植えたバターナッツのひと株は、
120622_01.jpg
正体不明な形で実り、
120731_03.jpg
もう一方は形はバターナッツだが、雌花が着いてもすぐ落ちる。
120731_02.jpg 120802_01.jpg

120727_01.jpg
3年目にして初めてまともに収穫出来るようになった加賀節成キュウリ。
120801_01.jpg
尻の方が黄色く斑でイボが黒い品種だったことに、収穫してはじめて気づいた。
120725_01.jpg
水やりがほぼできないせいか、カメムシが吸い付いたせいか、曲がりが多い。
キュウリやシシトウがさすがにキツそうなので、昨日陽が陰ってからバケツリレー3回分畑に水まき。
夕方近所でも川から水を汲み上げるポンプの音。
posted by うさごん at 12:30| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

いも、いも、かめむし

梅雨の晴れ間の13日、タマネギ、にんにくを収穫し、
120613_02.jpg

120613_01.jpg
18日、マチルダ1株試し掘り。
120618_01.jpg
翌日台風が来て、また夜から翌日夕方まで停電する。
原発の防潮堤作るより電気が止らないようにしてくれよ。


120617_01.jpg
今年はアンデスレッドの収穫を梅雨明け以降にしたかったのだが、カメムシ&ニジュウヤホシテントウが大発生。
120618_02.jpg
特にニジュウヤホシテントウは幼虫のうちに始末しないとトマトやナスに大移動されるので朝夕つぶし歩いていたが、追いつかない状態になり、泣く泣く全収穫。
昨年はこんなに出なかった気がするが…。
マチルダは早生なのか、早々に芽を出し早々に開花し早々に虫害に遭い、だがしかし、まずまずの収穫。
120626_02.jpg マチルダ1株分。

120518_01.jpg
5月半ばのジャガイモの様子。マチルダは白い花が咲いていた。カメムシもまだいなかった。

120626_01.jpg
アンデスレッド6株&出島2株でこの収量って…。

ジャガイモの跡地は昨年プランターでカメムシに集られた自家採取の島インゲン。
120626_05.jpg

カメムシもやたらに多い。今年は出て来るのが早いかも?
大きいのから小さいのまで。
120625_01.jpg
枝豆が真っ白で、葉裏にいたカメムシ。
調べたらスカシヒメヘリカメムシ…らしい。
120625_02.jpg あまりの小ささにコバエかと思った。

ジャガイモ無き今はピーマンししとうに集っている。
120610_01.jpg
こいつらはサツマイモの茎にも張り付いている。
120626_03.jpg
サツマイモは5月21日、安納芋を10株差し、今のところ6株生存中。
120610_02.jpg 亡くなる時はこのように枯れる。根腐れかも。
死んだところにゴマを植えた。さてどうなるか。
120626_04.jpg

今年は粉砕機で竹だの杉だのヒサカキだのチップしたものを畝に載せているのだが、根元のチップ部分にカメムシが多くいるのだけど、そのせいなのかなぁ。
120614_01.jpg
でもチップを載せて以降トマトは元気になって来たのだ。
120529_01.jpg120628_01.jpg
載せる前と→後、無肥料だが葉の色がまるで違うのは何故。
posted by うさごん at 16:17| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

今年のエンドウはたぶん連作障害

3種類のエンドウを蒔いた。
症状はどれもほぼ同じ。
120501_01.jpg
春先花が咲くまで順調だったのに、実が成り始める頃根元からどんどん黄色くなって来て、いじけて枯れる状態。
連作障害といっても様々、土壌によるもの、植物自体によるもの、同じ条件でもならないこともあり。
プランターはともかく、エンドウを植えたところは耕起していないので大丈夫だと思っていたが、症状がプランターも畑も同じなので気温や多雨が発病のきっかけかもしれない。

●ゴールデン・スイート(黄キヌサヤ)プランター植え
○シカクマメ×購入苗キュウリの跡地
コガネムシ・チルドレンを大量発掘後、植える。
120417.jpg カタツムリの喰い跡
120424.jpg120428_02.jpg
カタツムリ大繁殖×天敵コウガイビル登場
立枯病(たぶん)でお亡くなりになる。
120428_01.jpg
悲しい根粒菌がひとつ。
120501_02.jpg

○ゴーヤ×いんげんの跡地
120428_03.jpg ルッコラを一緒に蒔いたせいか今年のエンドウで一番の収量。

●ツタンカーメンエンドウ
120518.jpg
昨年と同じ場所、昨年と同じ種。数房のみ収穫後6株のうち1株は死に、4株は瀕死、残り1株生存。少ないながらも豆ごはんでいただく。まだ穫れるかなぁ?
120508.jpg
赤くなってないツタンカーメンエンドウ&ちっちぇ京笹みどり

●京笹みどり
120511.jpg
古種だったからか、昨年とはうって変わって膝丈ほどしか成長せず、数房のみ収穫したがとにかく小さい。黄キヌサヤの8割くらいの大きさしかなかった。
120517.jpg
そして弱っているのか、アブラムシが多い。
それでも見た目の良さそうなもを種取り用に残し、来年同じ場所で蒔いてみる予定。
120519.jpg

品目や環境にも依るだろうが、連作障害が出てもそのまま栽培し続けると出なくなる場合もあるらしく、特に自家採取する場合、連作することで更に土地に合ったものに成って行く過程と割り切り、来年も同じ場所で栽培の予定。
狭いところに何種類も植えるため、4〜5年あけてたら難しいというのが現実なのだけど。
posted by うさごん at 17:15| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。