2013年10月16日

今年の初夏〜初秋の出来事

131016_01.jpg
更新を8ヶ月も放置していた。

130428_02.jpg

130428_01.jpg 130501_01.jpg
初夏、空豆やエンドウは結構穫れて
130514_01.jpg
夏野菜に期待していた。

130626_01.jpg
芽が出たまでは良かったが、何しろ今年の夏の暑さと無雨。
130927_01.jpg
トマト、キュウリ、ナス、トウモロコシは全滅。
オクラは少し穫れた。
130927_02.jpg
まともに食べたのはニラとグリーンカーテンにした白ゴーヤくらい。
131002_01.jpg
秋口に入り少し雨が降るようになり、
131003_01.jpg
しかし雨が降った後は必ず獣に耕起される、を繰り返していた。
130808_01.jpg
昨年良かったので今年も植えた安納芋の試し堀をそろそろ、と思っていた矢先、
131010_01.jpg
8株全部葉っぱごと残らず喰い尽くされ途方に暮れて数日後、失意の中、畝を立て直し大根を蒔き芽が出た頃にまた掘り返される。
131010_02.jpg
キュウリの支柱はへし折れ、黒米も落花生も跡形も無くなっていた…。
おまけに掘り返されたせいなのか、どことなく辺り一面に獣臭が…大きい排泄物は無いのでマーキングかそれとも近くにいるのか。
131013_03.jpg なぜかオクラは無事。

ずっとアナグマだと思っていた。
以前から何度か見かけていて、まぁミミズ掘るくらいなら仕方ないか、などど悠長に考えていて、
130703_01.jpg カモシカや今年はノウサギにも出会っていて、山に食べ物が無いのかも(そもそもこの辺りは杉の植林が殆どだが)とは思っていた。

131016_03.jpg 131016_04.jpg
やっと今年花をつけたブラッドオレンジは根元をノネズミ(たぶん)に縦断トンネルを掘られ根がむき出しになっていたらしいのに、気づくのが遅れ葉が黄色くなったまま辛うじて持ちこたえている所に、追い討ちをかけるように周辺を掘り返され、よくみると…、アナグマじゃない
131013_02.jpg 131013_01.jpg
足跡がチョキ……イノシシ。

裏の竹やぶのタケノコを毎年喰いに来るのは聞いていたが、こうあからさまに人家エリアに侵入させてよいものか…鉢合わせしたら危ないし。ここは獣陣地じゃないよと人間は主張しなければならない。
そういえば、今年は近所の畑も電気柵を増設している所が多い気がする。
野菜壊滅だったことと暑さもあり正直いつにも増して放置状態だったことも関係しているのだろう。
畑に入るということは「人間が来ますよ」と歩くことで臭いを付けるということなんだと、とっても反省。
131016_02.jpg
ひとまず畑入口にドアを付けることにした。下から上がって来るのはこれで避けられるだろう。上から来たらそのときまた考えよう。
posted by うさごん at 15:16| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。