2011年09月26日

台風二過

110923_02.jpg
地元ではこんなことは初めてだと言う今年の台風。

4日、台風12号はかなりの豪雨、避難勧告が。
家の裏に大した高さはではないものの杉の山、道路挟んで家の前は川。昔、鶴見川が氾濫、橋が流され遠回りして小学校に通ったことが頭をよぎる。
さすがに猫2匹のごはんとキャリーは用意して、しかし1キロ以上も道中崖だらけの坂道登るのはどう考えても無理で自宅待機してたら無事解除。
110923.jpg

110921_02.jpg
水位は余裕な感じだが何しろ音が怖い

21日、台風15号は県内に上陸、強風で土砂崩れ倒木などの道路寸断で午後1時過ぎ停電。仕事途中でPCは切れ、見ていた台風情報は途絶え、同報無線は強風と雨音が凄くて聞こえないし、携帯も利用してないので一気に情報過疎。
110921_04.jpg
戸別受信機は電池を入れて聞こえるようになる

そういえば東京にいた頃、朝起きたら停電だったことがあった。
環8の信号機で停電を確認したものの、マンションはガス、電話、水道が電気制御のため何も使えない。昼の開通までの永かったこと。

家中の懐中電灯、ロウソクなどかき集め、雨は小降りだなどとお気楽に寝っ転がっていたら消防団が回ってくる。
また避難勧告。停電するくらいだもの。しかしこの前と違って+豪風。また自宅待機。
山の上の方はポンプ利用のためか停電で断水。給水車が来る。
夕方前に雨は上がり避難勧告は解除されるが、子供のとき以来の夜の停電。風呂は無理だがコンロは使えるし、水も出る。
110921_03.jpg
夜でも意外と明るい

電池で動くラジオはさすが山間部、3局しか入らず、ピアノの音がガムランにしか聴こえない。本も読めず早寝。
翌朝6時すぎ新聞が来て少し様子が判る。
前々日に配達された一週間分の生協冷凍魚系食品を泣く泣く処分、冷凍設定「強」にしとけば違ったのかも。
電気が来たのは9時30分。燃やすゴミを出した後だった。
110923_01.jpg
裏山の杉。ほぼ無傷

翌日麓にいく道は崖崩れで片側通行。杉の木が何本も折れてるし、石垣は壊れ、後ろの山が崩れた家はあるし、自然が近いってこういうことなんだろうな。
26日現在、停電や孤立しているところもまだある。
110923_03.jpg
とにかく無事だったことに安堵。
posted by うさごん at 19:06| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。