2011年03月16日

春は来る

東北に比べれば猫が暴れた程度だが、昨日の夜少し大きい地震があった。大地震が来るといわれる原発半径30キロ圏内に住む身としては福島の事故は人ごとではない。
東京脱出や、カップ麺や乾電池やガソリンを買い占めても、なにも解決しないのに。


秋にカラシナを蒔いていた。
同じときに蒔いたのに、畑のカラシナ。
110315_01.jpg
そして、
110315_02.jpg
プランターのカラシナ。
あまりの出来の違いに、これはどう考えても土に原因があるとしか思えず、堆肥を混ぜる事にする。コンポスト堆肥はまだ使えないのでバーク堆肥を80L購入。全然足りないが種まき前にピンポイントで土に混ぜて行く事にする。

3月9日。春作のジャガイモを植えた。
秋作で穫ったアンデスレッド、食用の出島&ひかる。
110309_01.jpg 110309_02.jpg
植え溝に「堆肥on発酵油かす」「芋」「堆肥on発酵油かす」と並べ上から土と枯れ草を被せた。
110309_03.jpg
芽が出て来たら適宜培養土でも載せていこう。

10日。トマト、ピーマン、ナス、春キュウリなどをポットに蒔く。
110310_01.jpg

110315_05.jpg
15日。堆肥混ぜスペースに去年全滅だったサルシフィーという西洋ゴボウの古種を蒔く。

秋に蒔いたキヌサヤとツタンカーメンエンドウ。
110315_04.jpg 110315_03.jpg
場所の違いか、種の違いか成長度合いにかなりの差がある。実が穫れるまで何とも言えないが。
110315_06.jpg 冬の間は不安だった柳久保小麦。暖かくなったら葉が青くなって来た。


新たに作った堆肥置場。
下から一年前の元生ゴミ、枯れ草、半壊の生ゴミ、米ぬか、枯れ草〜と積み直した。
110316_01.jpg
これでまた1年は使えないだろう。
posted by うさごん at 16:38| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190960105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。