2010年12月22日

12月の収穫いろいろ

12月6日。ショウガを収穫した。
101206_01.jpg 101206_02.jpg
3個植えて育ったのは2株。元は穫れたか。

種を蒔いてロクに写真すら撮らなかった黒目豆。
100720_01.jpg
莢ではなく豆を食べるものなので、枯れかけた莢を少しづつ穫っては干しておいた。
101210_01.jpg 101210_02.jpg
4株分、虫に喰われたりしつつもジャムの瓶2/3くらいにはなった。

12月17日。昼間はいやに暖かいがそこは12月、朝は霜が降りるようになり寒さに耐えられないものは一斉に葉が枯れた。
101217_09.jpg
150から120グラムしかないミニカボチャもまだ小さいが仕方がない。この日収穫なら冬至に食べるのにちょうどいいか。
101217_08.jpg

花が咲くまで待ってたジャガイモ。その前に霜にやられた。
101217_01.jpg
色が黄ばんでいるのは種芋?
101217_02.jpg
まだまだしっかりしていて食べられそうなのだが、購入種芋なので、そのまま春まで置いといて、万一芽が出たら植えてみよう。腐らなきゃいいけど。
春作で失敗したので別の場所で粘土の上に市販の培養土を載せ続けた結果がこれ。
植えた分は穫れたとは思うが土代にはほど遠い。

5個蒔いたトマティーヨ。全く発芽せずそのまま別の蒔き床に使ったら突然1個だけ発芽。
駄目もとで地植えし摘心もせず放置。
101217_03.jpg
やたらヨコバイが群がり、怖いくらい花が咲き小さい実がうじゃうじゃ実った。
売ってるトマティーヨはゴルフボール大で皮と実の隙間はないものらしい。
本来はサルサソースに使う酸味の強いものらしいが半分以上1センチほどの大きさ。未熟で見た目も味も小さいピーマン。丸くて大きめのもの(といってもミニトマトくらい)は酸味があって多分本来の味に近いのだろう。
101217_04.jpg 101217_05.jpg
この品種は熟すと紫色になるものらしいが発芽が遅れたため寒くなって熟す前に終わった。
挿し芽を取っておいたので生きてれば来年真面目に向き合おう。

苗植えした秋トマトは霜に負けたので収穫。
101217_06.jpg 101217_07.jpg
青いものはトマティーヨと偽サルサにして頂きました。
posted by うさごん at 17:25| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しています。
トマティーヨ私も今年種まきに挑戦しましたが、発芽せず、難しいのですね
挿し芽を、とっていらっしゃるということは、多年草なのでしょうか?
Posted by oimohomori at 2010年12月24日 06:39
oimohomoriさん、お久しぶりです。
トマティーヨは多年草です。
挿し芽か、地際を保温すると越冬するらしいです。やってみます。
もう一株「オレンジチェリー」という甘くなるケープグーベリーを苗で購入しましたが場所のせいか、そっちはさっぱり駄目でした。

ナス科の種は2、3年は保つので室内なら2月頃また蒔けますよ〜。
Posted by うさごん at 2010年12月25日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174511719
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。