2010年07月12日

やっと一番果

苗で購入のなす千両2号。
最初の花は咲いた後すぐ落ちた。
100712_1.jpg 2番目に咲いた花が結実。
一番果は株を弱らせないため早めに穫る、ということで食べられそうな大きさまで待って7月5日に収穫。
100712_2.jpg 重さを量り忘れた。ピンポン球くらい。
買って来たナスと一緒に普通に火を通して食べる。
違いが判らなかった。

今日、花芽を見つけた。
100712_3.jpg 100712_4.jpg
右は、キャスパーという白い西洋種のナス。
種をまいて最近やっとここまでになった。

今年はとにかく芽が出るのが遅く、夏野菜は4月12日に種を蒔いたのだが、ひと月経っても出ない物がほとんどで、ポットに追加で蒔いたりしながら芽が出た物から畑に移していっている。
そんな中で比較的順調に芽を出したのがキュウリ。
ウリハムシに葉を喰われ尽くしても何度も復活し耐えてはいる。
100712_5.jpg しかし、春キュウリの聖護院節成は雌花が未だでないまま。

100712_11.jpg
別の場所に植えたもうひとつのキュウリ(左手前の2株)は、早々に雌花がでた。
見た目が似たような品種がインドにもあるようだが、カイザー・アレキサンダーというロシアの古い品種らしい。
100712_6.jpg 初めは普通にキュウリなのだが、
首のところから茶色くなって、ヒビが入る。
100712_7.jpg
もう少し置きたい所だけど一番果だし、本来の大きさがよく判らないので直径が3センチのところで食べてみる。
100712_8.jpg 曲がってしまっているので正しい形が判らない。
どうみても美味そうには見えない。だから栽培されないのだろうけど。
切ってみる。
100712_9.jpg キュウリの匂いが拡がる。
見た目よりかなりあっさりさわやかな味。好き。
アクも無くぱりぱりしてサラダ向き。茶色の所は固めなので日持ちするのかも。
種採れるといいな〜。

以前ベランダで栽培した残りの種のアロイトマト。
100712_10.jpg やっと花が咲いた。

こちらも種を蒔いた伊勢ピーマン。
100712_12.jpg
近所の夏野菜が終わる頃には収穫できるといいなぁ。
posted by うさごん at 14:32| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲッ、これメロンじゃなくてキュウリですか?!切断面を見ると海外でよく見かける「キュウリ」ですね。昔、初めてサラダに入っているコレと同様のモノを見たときに「これはキュウリじゃない!」と思ったものです。味が淡白で「ウリ?」という感じですよね。同じか・・・。

今年も10日からe農園の枝豆の開放農園が始まりました。e農園の収穫物、今年はどれもキレイに(?)しっかり育っていてます。でも、ブルーベリーは遅れているとか。通常海の日あたりから開放農園を始めるのですが、もう少し遅れるそうです。

綿の畑の花も、今年はまだまだだそうです。春後半の天候不良のせいでしょうか?まぁ、これだけ蒸し暑ければすぐに追いついてくるでしょうけどね。今年は白綿主体で育てているそうですから、皆で寄せ集めたアノ種達が繁茂するのを楽しみです。
Posted by きぬたん at 2010年07月13日 09:28
以前きぬたんさんから貰った地キュウリもぱりぱりしてたけど、品種が違うとこんなに味も違うのかと驚くばかり。
育ちのいい悪いもの、ここの土地に合う合わないもの、が解らないので色々チャレンジしてみます。

葉っぱの出始めたサツマイモを見るたびに、e農園を思い出します。芋掘りシーズン時の作業で、株の数勘定して棒立てるのが苦手だったのよ〜何故か数が数えられなくて(笑)。

棉! ちょっと遅れて6月中旬に蒔いたのですが、野菜に比べてなんて発芽が楽なこと。種まきしたオクラは2種類全滅だったのにぃ〜。一昨年の種もすくすく育ってます。
Posted by うさごん at 2010年07月13日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156134915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。