2010年03月19日

すっかり春で

100319_1.jpg 3月に入った途端、
いろんな事が放ったらかしになっていた。

100319_2.jpg
その間に散々食べた蕗はもはや葉が茂り、
雑草化しているクサイチゴの花が咲き誇る。
100319_3.jpg 100319_4.jpg

はと麦やトウモロコシでも蒔こうかと思っていたスペースに、スノーフレークというヒガンバナ科の植物がかわいい花を咲かせていた。
100319_5.jpg
全草に結構強い毒があるらしく、水仙と同じように鼠やモグラ除けなのか、この辺りでは畑の渕や道路際に植えてあるのを見かける。
たくさんあるので今後邪魔になるであろう真ん中のものは取る。
100319_6.jpg
怖いくらいにツクシが群生し、ここも水捌けが悪く粘土&砂利まじりで根ものは当分植えられないな。

麦&きぬさやは今こんな感じ。
100319_7.jpg
いちごは花が出はじめた…それにしても小さい。
100319_8.jpg
不耕起無肥料ではたしてどんな実がなるやら。
さらに小さいのがアスパラガス。
100319_9.jpg
直径5ミリ程、かなり不安。
posted by うさごん at 16:53| 静岡 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきですね
スノーフレークが自然に生えてくるなんて
これから畑が忙しくなってきますね。またいろいろアップされるのを楽しみにしております。
Posted by oimohomori at 2010年03月23日 21:48
こんにちは〜。
暖かくなったら見たこともない植物が続々と芽吹き、図鑑凝視の日々です。
結構食べられそうな草も生えていますが、毒草の判断が出来ず野草は難しいですね。
花が咲くすてきな庭……憧れます。
Posted by うさごん at 2010年03月25日 13:20
ここのところ寒いですが、春はそこに来ていますよね。

あの花「スノーフレーク」という名前なのですね!あちこちでよく見かけ「なんていうんだろう?」と思っていました。
それに水仙は鼠やモグラ除け?!?! 実家の山口で、丘の上の方にある畑の脇の道には1月になると(最近はもっと早いらしい)水仙が”ドッサリ”咲きます。あれって、もしかして意図的に植えられたものなのかなぁ???
アスパラ、カワユイですね!ちょっと、都会育ちっぽい??

なぁ〜んか、うさごんさんのブログを読むたびに、これまで「?」と思っていた素朴な疑問が一つずつ解決されていきます。ありがとぉ〜〜!

先日、家にあった「ベニシアの京都里山暮らし」(主人の本)を読んで「今年はハーブにしようかな?」と思い、空いているプランターの準備を始めたところです。

今朝のニュースでは「なんであんな葉っぱを食べたの?」と思うような観葉植物の葉をてんぷらにして食べて食中毒と。これからの季節、こういう食中毒が増えるそうです。
うさごんさんも気をつけて下さいね!
Posted by きぬたん at 2010年03月26日 10:59
こんにちは。今年は雨が多いのでしょうか、夕べは雷が…。

ただいま近所中に水仙がどっさり開花中です。
うちでは八重咲の水仙が正月早々咲き終わり、本来の花の時期がよくわかりません。
こちらに移ってからその辺に生えている植物がさらに気になるようになりました。
BSが観れないのでベニシアさんの番組はご無沙汰ですが、あそこまでにするには管理能力が…。
ハーブはコンパニオンプランツ利用で増やしていくつもりです。

水仙の効果のほどを疑問に思っていたのですが、イタリアでも獣よけに利用するらしいです。
獣よけで有名な彼岸花は実は食用だったとか。高砂百合のゆり根は掘って食べてみました(えぐかった)が、彼岸花を毒抜きしてまで食べたくありませんよねぇ。食中毒気をつけます。
Posted by うさごん at 2010年03月29日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。