2009年11月24日

やっと作業

22日から念願だった裏山にある畑の作業を開始。
不耕起栽培にするため、草刈と畝立てのみ。
この辺りは粘土質で、
地元の農家の方もススキなどを地面に積みながら土づくりをしている。
元々畑とはいっても別の用途に使っていたらしく、
砂利はすごいしアメリカセンダングサぼうぼうで種まみれになりながら、
草刈りで丸1日、畝立てで半日かかり、大仕事になってしまった。

突如地主様が出現。作業中の相方は地蔵状態に。
091123_2.jpg 直径8ミリはあるミミズ。
こんなでかいの初めて見た。

無事イチゴも地面へ。
091123_1.jpg
ちょっと遅かったので心配。

東京から持ってきた柳久保小麦を蒔き、
3年越しのきぬさやを蒔き、
そして今日届いたアスパラの苗を植える。
091124_1.jpg なんじゃこりゃ。
このまま土に埋まり春を待つ。
091124_2.jpg

実は畝立ては1/4しか終わっていない。
先は長い。
posted by うさごん at 16:14| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
メッセージありがとうございました。

みみず大きいですね〜
私はまだみみず君にお目にかかってません。
が、おおきなモグラの穴の跡があり今後ちょっと心配です。

畝立ては進んでますか?
また覗きに来ますね!
Posted by cylindrica at 2010年01月20日 05:23
cylindricaさん、朝早いですね!
毎日、雨戸が日光で暖まり、かんかんする音で目を覚まします。

畝立て終わりました!
種も用意しあとは春を待つばかりです。

みみずは土が発展途上の時に発生する、と言う意見もあり、
cylindricaさんの畑の土は良い土ということですよね。いいなぁ〜。
ここは地面が硬いので、もぐらはあまりいなそうですが、
その代わりいのちゃんがいます。とほほ。
Posted by うさごん at 2010年01月20日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。