2010年06月25日

梅雨の晴れ間に

後ろが山なので水抜きがあちこちにあり、そこから放水される状態で雨量を想像する。
ず〜っと雨だった。
土砂降りだからといって大量に放水される訳でもなく、この時はしとしと降りでこの放水量。
100623_1.jpg
すごい勢いでみためが怖い。
隣の市では土砂崩れもあったらしい。
何より、家の中の湿気具合になかなか慣れない。

翌日の夕方はこんな空。
100624_1.jpg
2、3日晴れるらしいので、ヨトウムシ(たぶん)に伐られたジャガイモを掘り返すことに。「収穫」と言えない所が悲しい。

落花生が草に埋もれている。
これは、黒い落花生の種をポットに蒔いて植え付けたもの。
100625_1.jpg 100625_2.jpg
知らない間にもう花が咲いてる。
100623_1.jpg
落花生は花が終わった所が土に潜って実がなるので、あわててピンポイントで草を刈る。
たくさん刈るとミミズを狙うアナグマに掘られる。

さてジャガイモ。
唯一食用芋で芽が出て、伐られた所。
100625_5.jpg 1個発見!

雨続きだった割には土が乾いている。
ここは粘土率が比較的低いからか?

先週、伐られた所。
100625_6.jpg 2個発見。
大きい方は少し喰われている。他は雨もあってとけているものも…。
オケラが土の中から出てくる。
100625_8.jpg
ここに来てから久しぶりに見る生き物の多いこと。
天気予報が変わって明日夕方また降るらしいので、ついでに花の終わったアンデスレッドも収穫する事にする。
100625_4.jpg
しまったまだ早かった!
小さいし茎が強い。
100625_7.jpg
あと1週間待てば良かった。
8月にまた植えよう。

100625_9.jpg ススキの横に蒔いた枝豆。
うどんこ&虫がすごいが、いつの間にか実が付き始めている。

徒長ぎみ品種不明、購入苗のトウモロコシ。
100625_10.jpg
残り物の液肥で立ち直ったかに見えたが40センチで雄花開花。雌花は気配すらないのに〜。1個くらい食べたい〜。
posted by うさごん at 19:49| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

梅雨の前

家の脇の樹にカラスの巣がある。
このあたりはハシボソガラスしかいない。
5月の終わり頃、前の道路でカラスが騒いでいたので見に行った。
100614_1.jpg
蛇をつついていた。
野生動物同士の事は人が介入してはいけないのだけど結局、蛇を助ける形になってしまった。
100614_2.jpg シマヘビかな?
シマヘビは毒はないけどアオダイショウと違って気が荒いらしい。
気をつけよう。

東京だとカラスが巣立ちの頃、人を襲ってニュースになる。飛ぶ練習で巣から落ちた子ガラスを守るためだ。
畑の作業中、カラスが騒いでいた。ふと見上げると竹につかまり足下の枝を激しくむしっている。どうみてもこちらを威嚇している。
あたりを見回したが子ガラスは見当たらない。
今までカラスに襲われた事はないので、そのまま無視して歩き回る。
相方に話すと、めざとく子ガラスを発見。
100614_3.jpg
遠くから撮る。
口の端が赤くてかわいい。
100614_4.jpg 確かに子供な佇まい。
近づくと親にガァーガァー威嚇される。可哀想なのでしばらく放っておく。


翌日梅雨入りしそうだったので慌てて麦を刈る。
100614_5.jpg 100614_6.jpg
ほんのちょっとだな。
でも蒔いたのは3穂分。上出来。
鳥に喰われると悔しいので縛って室内へぶら下げる。
小麦に関しては完全に無肥料、無農薬で済んだ。
栄養が足りなければ、粒が小さくならずに1穂あたりの実を減らして対応するのだという事を知った。
あ、トウモロコシもそうかも。


家の向かいに川がある。二級河川だ。特別きれいな川にはみえない。
夜、近所の人に教えてもらい外に出てみると、
ホタル!
小学生の時以来なので35年以上ぶり…。
観光地のような乱舞はないけど10匹くらいが点いたり消えたり。
振り返ると家の庭にも飛んでるじゃ〜ん。
「知らなかったの?」と言われてしまった。
20時20分ごろが一番多いらしい。でももう時期は終わり、来年期待しよ。

これは光らないホタル。
100614_7.jpg クロマドボタル
どこにでもいるらしい。
posted by うさごん at 18:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

梅雨は近い

106008_1.jpg けものは相変わらず。
柔い支柱はすぐ倒される。竹に差し替える。

何度も抜かれた唐辛子は実が着き始め…
106008_2.jpg 鷹の爪の筈が、
どう見てもシシトウみたいなんですけど…

ショウガとサトイモの種用は量が多いので、近所のSストアで買った食用のものを植えた。
5月初めに植えてサトイモはやっと葉が出た。
106008_3.jpg → 106008_4.jpg

ショウガも掘り返されたが発芽している。もうすぐ。
106008_5.jpg → 106008_6.jpg

根元から伐られた(たぶん虫?)サツマイモは、ポットに挿して復活。
106008_7.jpg

106008_8.jpg
伐られた根元から新しい葉も出て、一安心。

なのに今度はジャガイモが伐られた!
106008_9.jpg
唯一芽が出た芋だったのに〜
106008_10.jpg 苗のアンデスレッドは立派に花が咲いた。
ナス科の花は、真ん中の雌しべが、雄しべより長ければ(長花柱花)無事成長している事らしいので、なんとか一株は芋掘りできそう。

さて、もうひとつのナス科、千両2号。
106008_11.jpg 雌しべが雄しべよりも短かい(短花柱花)。
栄養不足の典型的なサインと言われている。
無肥料にこだわっている訳ではないので、以前プランター用に使って残った肥料をやるかな。

キュウリ。直播きもポット蒔移植もウリハムシの餌食に。
106008_12.jpg

106008_13.jpg
ウリハムシは天敵が居らず飛んでくるのでどうにもならない。喰われるより早く成長してもらうしかない。
また予備をポットに蒔くことにする。

106008_15.jpg 106008_16.jpg
植木鉢のルッコラに産みつけられたテントウムシが孵った。黒くてグロい。アブラムシをよろしくね。

106008_14.jpg 麦は梅雨の前には刈り時期。
朝、雨が降った。来週には。
ジャガイモも梅雨前に収穫したいけど…。
posted by うさごん at 14:19| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。