2010年04月19日

芽生えると虫も動く

100419_2.jpg
やっとみょうがの葉が伸びて来た。
100419_1.jpg
うっかり刈りそう。
そういえば、わさびはどうなったんでしょう。

小麦出穂!
100419_3.jpg 本来の柳久保の丈からはほど遠く60センチぐらい。
風強い土地柄なので低い方がいいのでしょうが。
100419_4.jpg そして、きぬさやにも花芽が。
こちらも今までで一番小さい丈。支柱が不要な状態。
鉢栽培より大きくなるだろうと考えていたが、不耕起&初年度から無肥料は過酷なのかも。

100419_5.jpg 冬の間、鉢で冬眠中だった金時草。
秋にコガネムシに根を切られたが無事復活を果たす。
もう霜も大丈夫だろうという事で晴れて地面へ移動。
畑スペースの畝(乾)、畝(湿)、そして、これから畑になる所、と条件の違う3ヶ所へ分け植えてみる。
100419_6.jpg
スギナの海なので踏まないようにひとまず石で囲う。
ここには今後トウモロコシやはと麦などを蒔く予定。

2月末にクリムソンクローバーの苗を畑の3ヶ所に植えてみた。
畑横の土手2ヶ所。
100419_8.jpg 100419_9.jpg
同じ土手でも場所によってこんなにも違うものか。
アリ住宅の入口になった場所は瀕死、何度か伐り戻してはみたが…。
畝(乾)に植えた株。
100419_7.jpg 100419_10.jpg
葉は枯れ気味ではあるが元気に花が咲き、クモやよくわからん甲虫などで賑やか。不思議とアブラムシはいない。

100419_11.jpg
アリ住宅の側に生えている草にアブラムシが集り、それにアリが行ったり来たり、噂に聞くアリとアブラムシのセット。初めて見た。やはり「余分な草」は残すべきと実感。

100419_12.jpg
今日の畑。
葉ねぎ、春菊、枝豆を畑のあちこちに蒔く。
まだ何も食べられるものはない。
posted by うさごん at 23:10| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。